Skip
fornmext2022_kv

主催者特別セミナー

業界の著名人による必見のセミナー

開催日:2022年9月27日(火)‐ 28日(水)

会場:4F 会場内セミナーエリア(定員約100名)
聴講方法:聴講料無料、事前申込者優先 お申込みはこちら

※当日空席があれば先着順でご案内
※イベントへの来場事前登録(8月上旬頃事前登録開始予定)が別途必要となります。

兵庫県立大学における金属3D積層造形の取組み

兵庫県立大学_柳谷様
兵庫県立大学金属新素材研究センター 副センター長 柳谷 彰彦

開催時間:10:30 - 11:30

令和元年に金属新素材研究センターを開所、小型ガスアトマイザーおよび電子ビーム、レーザービーム方式の金属3Dプリンタを導入し、「ひょうごメタルベルトコンソーシアム」を立ち上げ、金属粉末の開発から造形、さらに造形物の表面処理の開発を参加企業と取り組んでいる。
その事例を紹介する。

建設用3Dプリンタがもたらす地方からの建設業界の施工DX革命

Polyuse_大岡様
株式会社Polyuse 代表取締役 大岡 航

開催時間:12:00 - 13:00

建設業界はコロナの影響もあり、より早急かつ安全なDX化が叫ばれています。これからは伝統技術と最新技術が融合し、より効率的かつ高品質なモノづくりを推進していくデジタル職人の育成も必要不可欠だと考えます。
国内唯一の建設用3Dプリンタ企業として自社開発および全国で社会実装を実施する「Polyuse」は、これまでどのような導入メリットや施工効率化があったか等、現場の体験をもとにお話しさせていただきます。

 

金属AM技術動向と国産MEX方式金属AM普及プロジェクト紹介

近畿大学_京極様
近畿大学 次世代基板技術研究所 特任教授 京極 秀樹

開催時間:13:30 - 14:30

最近の金属AM技術におけるPBF、DED、BJT及びMEX方式の最近の動向と併せて、ペレット材料、ノズル方式MEX3Dプリンタ及び脱脂・焼結装置で構成する国産MEX方式金属AM普及プロジェクトについて紹介する。

グローバルな視点でみた3Dプリンタの動向と展望2022

開催時間:15:00 - 16:30

【パート1】Formnext 2022(フランクフルト)ご案内

MF_Produktmarken_4C
メッセフランクフルトジャパン株式会社 Formnext Forum Tokyo事務局 大内 祐司

【パート2】グローバルな視点でみた3Dプリンタの動向と展望2022

TsukasaMatsuoka
一般社団法人 日本3Dプリンティング産業技術協会 常務理事・研究員 中小企業診断士 松岡 司 

日本3Dプリンティング産業技術協会では、毎年、海外展示会参加や研究機関訪問を実施し3Dプリンタ・Additive Manufacturingの動向調査を行っている。

コロナ渦で開催中止となったFormnext 2020にもネット上の情報をもとに調査を継続してきた。
この継続調査をもとに動向および課題を整理し、今後の展望を予測する。

3Dフードプリンティングが社会問題を解決する

山形大学‗古川さん
山形大学大学院 理工学研究科機械システム工学専攻 教授 古川 秀光

 開催時間:10:30 - 11:30

今、フードテックに熱い注目が集まる中、3Dフードプリンティング技術に注目が集まっている。フードテックはさまざまな社会問題解決により価値創成を目指す取り組みであり、そこで3Dフードプリンティングがどのように役立つ可能性があるかについて議論する。

日々のデータ管理から技術者を解放:One Additiveの挑戦

One Additive_辻様
One Additive 代表取締役/CEO 辻󠄀 大輔

開催時間:12:00 - 12:30

金属AMは、既存技術と根本的に何が違うのか?現場のエンジニアは、いったいどんな課題を抱えているのか?

本講演では、技術開発の最前線で戦うAMエンジニアへのインタビューと分析から視えてきた、日々の造形作業でユーザ自身に求められる大量のデータ管理・分析の課題を紹介し、その課題解決に取り組む日本発のAMスタートアップOne Additiveを紹介する。

日本市場の未来を語る「3DiH vs 世界をリードする3DPメーカー5社」

開催時間:13:00 - 15:00

3DiH_渡邊様_河野様_新垣様
株式会社JMC 代表取締役社長 兼 CEO 渡邊 大和/ 八十島プロシード株式会社 専務取締役 河野 浩之/ 原田車両設計株式会社 執行役員 新垣 龍太郎

【パート1】3DiH活動紹介/3社概要説明

 

写真の仮アイコン
パネラー:株式会社ストラタシス・ジャパン 代表取締役社長 ストラタシスノースアジア・プレジデント 森 道明/株式会社日本HP 3Dプリンティング事業部 コマーシャルアカウントマネージャー 宮内 大策 /株式会社アスペクト 営業部 取締役 須甲 信一 /EOS Electro Optical Systems Japan株式会社 リージョナルマネージャー 橋爪 康晃/Formlabs株式会社 ゼネラルマネージャー 長谷部 吉紀

【パート2】パネルディスカッション

3DiH((株)JMC、八十島プロシード(株)、原田車両設計(株))と世界をリードする3Dプリンタメーカ5社((株)ストラタシスジャパン、(株)日本HP、(株)アスペクト、EOS Japan(株)、Formlabs(株))のキーマンがパネラーとして一堂に会して、世界で拡大している3Dプリンタマーケットと日本市場の違いや課題、各社今後の戦略、業界の未来について語り合います。

金属AM部品の高精度化に向けたアカデミアからのアプローチ

古本さん
金沢大学 設計製造技術研究所 教授 古本 達明

 開催時間:15:30 - 16:30

金沢大学では,意匠設計から製品製造までの“オンデマンドモノづくり”を支えるスマート設計生産システムの基盤を構築するため、2019年6月に設計製造技術研究所(AMTI)を設立しました。

金属AM部品の品質保証に向け、造形中に生じる現象理解を目指した取り組みや、AMの特長を活かした金型製作など、AMTIで行ってきた研究と得られた成果を紹介します。