Skip
fornmext2022_kv

出展をご検討の方へ

出展料金

パッケージブース

・展示会場の貴社ブースに製品等を展示し、貴社説明スタッフが常駐する、従来のスタイルです。

Aタイプ (パッケージブース)(9㎡:間口3m×奥行3m)
¥300,000/1小間 (消費税別)
Bタイプ (パッケージブース)(6㎡:間口3m×奥行2m)
¥230,000/1小間 (消費税別)

【NEW】オンサイトショーケース 

・共同エリアに製品を展示、貴社説明スタッフは遠隔オンラインで参加し、来場者に対応いただけます。

Cタイプ(オンサイトショーケース)
¥250,000/1ケース(消費税別)

パッケージにふくまれるもの

Exhibits
  • システムパネル 
  • パンチカーペット
  • LEDスポットライト(6W)x2 
  • 2ロコンセント(100V / 800W まで使用可)x 1
  • パラペットおよび社名板(社名・小間番号)x 1
  • 施エ・撤去・資材運搬費、電気工事代および電気使用料(1kWまで)

    ※上記は1小間あたりに含まれるものです。
    ※パッケージブースの内容は変更となる場合があります。
    ※右図はパッケージブースAタイプのイメージです。
IMG_1348
  • 製品・サンプル展示用ショーケース(内寸:幅55cm x 奥行52cm x 高さ29㎝)x1
  • オンラインミーティング用タブレット x1
  • 動画再生用モニター x1

※展示エリア・オンラインアクセスアシスタントは共有となります。
※展示予定品がショーケースの内寸におさまらない場合は、事務局までご相談ください。

効果的な出展のために

イベントの最大の特長は、短期間に様々な地域から目的を持った多数の来場者が一堂に集まることです。
会期前・会期中のプロモーション活動を通じて、貴社の出展を成功に導きましょう。

productsimage

「実機の展示」をすることにより来場者の目を引くことができます。
パーツの実機やカットモデル、模型や実例写真等を来場者の目につきやすい場所に配置し、来場者がゆったりとご覧になれるスペースを確保するようご準備ください。

 

イベント出展と併せ、ユーザーへ多角的なアピールが行える場として出展者の新製品・新技術発表の場を設けます。2022年は、会期中に会場内プレゼンテーションルームでの発表に加え、会期後に開催するオンラインセミナーイベントでのご講演枠もございます。

ハイブリッドに進化したFormnext Forum Tokyoの出展者プレゼンテーションを貴社のビジネス拡大にお役立てください。

幅広い来場誘致活動
来場者と出展者により多くのビジネスチャンスを創出すべく、幅広く継続的な来場誘致キャンペーンを行います。

  • 主催者によるダイレクトメール・メール配信
  • 出展者への招待状無料配布
  • 関連業界団体を通じた来場者誘致
  • 業界プレスへのPR
  • イベント会公式ウェブサイトを通じたPR
併催イベントの開催
本イベント開催意義を高めるセミナーなどを同時に開催します。

プロモーションツールのご案内

出展効果を高めるために会期前–会期中–会期後に渡り、ご活用いただける幅広いアイテムをご用意しています。
貴社の出展告知や営業活動に積極的にご活用ください!

よくある質問

お申込みに際しては、以下の3点を事務局までお送りください。

  • 出展申込書(原本)
  • 会社概要(初回出展時のみ)
  • 出展予定製品カタログ・写真

以下の出展料金にパッケージブースの料金(消費税別)が含まれます。

Aタイプ(パッケージタイプ) ¥300,000/1小間 (9㎡:間口3m×奥行3m)
Bタイプ(パッケージタイプ) ¥230,000/1小間 (6㎡:間口3m×奥行2m)
Cタイプ(オンサイトショーケース)¥250,000/1ケース (内寸:幅55cm × 奥行52cm × 高 29cm)

小間の大きさよりも製品の魅せ方にこだわってオリジナリティーを出した方が来場者の注目を引き付けます。展示予定の製品や量、当日会場入りできるスタッフの人数等を含めご検討ください。

会場の小間スペースに余裕があれば、小間数を増やすことは可能です。
小間数を減らす場合には規定のキャンセル料が発生します。詳しくは事務局までお問合せいただくか、もしくは申込書裏面の規定をお読みください。

もちろん可能です。社名およびブランド名を併記することや、複数の社名を共同出展者として併記することもできます。印刷物や出展者検索に使用される「出展者名」の登録は、オンライン「出展者専用ページ」 からご登録をしていただきます。

 

SNSなどによる情報発信強化のため、出展者・来場者による会場内での写真撮影を許可いたします。
ただし、本見本市では「撮影禁止ステッカー」が撮影禁止の意思を表していることを出展者ならびに来場者に周知徹底し、より情報発信力を高めるとともに、今後とも出展者の皆様に新製品の発表の場として安心してご活用いただけるよう、出展製品の模倣防止および知的財産保全に努めて参ります。
プレス関係者による撮影は、事前に主催者が「PRESS」バッジおよび撮影ステッカーを付与した場合のみ可能となります。プレス関係者のブース内の撮影については、各出展者の許可を得ることを条件としています。