Skip
Automechanika Keyvisual
2020年9月24日(木)–25日(金) 東京都立産業貿易センター 浜松町館 出展の問合せ

出展をご検討の方へ

出展料金

Aタイプ (パッケージタイプ) (9㎡:間口3m×奥行3m)
¥300,000/1小間 (消費税別)
Bタイプ (パッケージタイプ)(6㎡:間口3m×奥行2m)
¥230,000/1小間 (消費税別)

パッケージブースに含まれるもの

Exhibits
  • システムパネル 
  • パンチカーペット(グレー)
  • LEDスポットライト(6W)x2 
  • 2ロコンセント(100V / 800W まで使   用可)x 1
  • パラペットおよび社名板(社名・小間番号)x 1
  • 施エ・撤去・資材運搬費、電気工事代および電気使用料(1kWまで)
    (※パッケージブース内容は変更になる場合があります。)

効果的な出展のために

イベントの最大の特長は、短期間に様々な地域から目的を持った多数の来場者が一堂に集まることです。
会期前・会期中のプロモーション活動を通じて、貴社の出展を成功に導きましょう。

 

 

productsimage

「実機の展示」をすることにより来場者の目を引くことができます。
パーツの実機やカットモデル、模型や実例写真等を来場者の目につきやすい場所に配置し、来場者がゆったりとご覧になれるスペースを確保するようご準備ください。

 

イベント出展と併せ、ユーザーへ多角的なアピールが行える場として出展者の新製品・新技術発表の場を設けます。

幅広い来場誘致活動
来場者と出展者により多くのビジネスチャンスを創出すべく、幅広く継続的な来場誘致キャンペーンを行います。

  • 主催者によるダイレクトメール・メール配信
  • 出展者への招待状無料配布
  • 関連業界団体を通じた来場者誘致
  • 業界プレスへのPR
  • イベント会公式ウェブサイトを通じたPR
併催イベントの開催
本イベント開催意義を高めるセミナーなどを同時に開催します。

プロモーションツールのご案内

出展効果を高めるために会期前–会期中–会期後に渡り、ご活用いただける幅広いアイテムをご用意しています。
貴社の出展告知や営業活動に積極的にご活用ください!

よくある質問

お申込みに際しては、以下の3点を事務局までお送りください。

  • 出展申込書(原本)
  • 会社概要(初回出展時のみ)
  • 出展予定製品カタログ・写真

以下の出展料金にパッケージブースの料金(消費税別)が含まれます。

 

Aタイプ (パッケージタイプ) ¥300,000/1小間 (9㎡:間口3m×奥行3m)
Bタイプ (パッケージタイプ) ¥230,000/1小間 (6㎡:間口3m×奥行2m)

小間の大きさよりも製品の魅せ方にこだわってオリジナリティーを出した方が来場者の注目を引き付けます。展示予定の製品や量、当日会場入りできるスタッフの人数等を含めご検討ください。

会場の小間スペースに余裕があれば、小間数を増やすことは可能です。
小間数を減らす場合には規定のキャンセル料が発生します。詳しくは事務局までお問合せいただくか、もしくは申込書裏面の規程をお読みください。

もちろん可能です。社名およびブランド名を併記することや、複数の社名を共同出展者として併記することもできます。印刷物や出展者検索に使用される「出展者名」の登録は、オンライン「出展者専用ページ」 からご登録をしていただきます。

 

出展者による写真撮影は、自社ブース内に限り可能です。その他、プレス関係者以外の一切の出展者・来場者の撮影は、固く禁止しています。プレス関係者による撮影は、事前に主催者が「PRESS」バッジおよび腕章を付与した場合のみ可能となります。プレス関係者のブース内の撮影については、各出展者の許可を 得ることを条件としています。

ご注意

近年、弊社主催の見本市にご出展いただいた出展企業様宛に、見本市主催者を騙って英文の企業情報掲載案内書が送付されております。

同案内書には、「貴社情報を無料掲載するにあたって、最新情報を同封のフォームにてご連絡ください。」といった内容が記載されておりますが、同封のフォームには、小さな文字で有料サービスであることが記載されており、この書類にサインをして返送すると、後日請求書が送付されてくるとのことです。

同案内書には、弊社名「Messe Frankfurt Japan Ltd.」と弊社ロゴ、ご出展いただいた見本市の名称が掲載されているため、主催者からのご案内のように見受けられますが、メッセフランクフルト ジャパン株式会社、Messe Frankfurt GmbHおよびその関連会社とは一切関係ございません。つきましては、同内容の文書が届いた場合には、十分ご注意ください。

 

知的財産権とは、特許権や著作権などの創作意欲の促進を目的とした「知的創造物についての権利」と、商標権(営業上の商標を保護)などの「営業標識についての権利」に大別されます。

知的財産権の中でも、特許権(発明を保護)・実用新案権(アイディアなど考案を保護)・意匠権(物品の外見的なデザインを保護)および商標権は産業財産権と呼ばれ、正当な権利者とその法定代理人が登録することができます。属国主義を取っているため、権利の取得には各国での手続きが必要となり、日本では特許庁にて登録が可能です。一方、著作権は、創作完了と同時に権利が発生するため、自らが著作権を主張するものであり、登録する機関などはありません。

メッセフランクフルト ジャパン(株)は、弊社は開催する見本市で、出展者または来場者から、その所有する知的財産権を侵害する製品の展示が行われているというクレームを受けた場合、次の対応をいたします。

  1. クレームをした出展者または来場者に、該当製品にかかる知的財産権を証明する書類の提出をお願いします。クレームの対象になっている製品に対し、既にその違法性を証明する裁判所の判決がある場合はあわせてその書類の提出もお願いします。
  2. クレームの対象になっている製品を展示している出展者に対し、その書類を提示し、見解を求めます。その製品の違法性が明らかな場合には、展示の中止を求めます。
  3. クレームをした出展者または来場者が、必要な書類を所持していない場合は、クレームの対象になっている製品を展示している出展者に対し、クレーム内容の説明を行い、見解を求めます。

各種資料/ダウンロード

Formnext Forum Tokyo 2020 について

出展について

ご出展に関する各種情報はこちらから

詳細

来場について

ご来場に関する各種情報はこちらから

詳細

プレスの方へ

本見本市に関するプレスリリースや最新情報はこちらから

詳細